ALCOS利用規約

第1条(目的)

本規約は、株式会社アイスタイル(以下「当社」という。)が提供する集計データ閲覧サービス「ALCOS」(以下「本サービス」という。)に関して、第2条に定めるところにより当社が契約した利用者と、当社との間における権利義務関係を定めることを目的とするものとする。

第2条(用語の定義)

本規約において使用する語句の定義は、次に掲げるとおりとする。
(1)「利用者」とは、本規約及び次号に規定するサービス資料に同意の上、第3条に定める手続きにより、当社と本サービスの利用に関する契約を締結する者をいう。
(2)「サービス資料」とは、本サービスの詳細条件を定めたものをいう。
(3)「本サービス」とは、当社が運営する@cosme(http://www.cosme.net又はその他のURLにおいて運営されるコミュニティサイト)に蓄積されるクチコミ等のデータ、その他当社が監修するコンテンツ等の閲覧及びインターネット上のサイトから収集した情報を元に、利用者が指定したキーワードに関係する情報を抽出するシステムであり、当社又は利用者が当社のソフトウェアを介して行うことを目的としたサービスのことをいう。

第3条(サービス利用の申込み及び契約の成立)

本サービスの利用を希望する場合には、本規約及びサービス資料に同意の上、所定の申込方法により申込むものとする。

  1. 当社は、前項の申込み内容を審査し、これを承諾した場合に当社との間で本サービス利用に関する契約(以下「利用契約」という。)が成立する。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合には、申込みを承諾しないことがある。
    (1)利用者が、過去に利用料等の支払いを怠り、又は怠る恐れがある場合
    (2)本サービス申込みの書類等に虚偽の事実を記入又は入力した場合
    (3)利用者が、第7条(禁止事項)に該当する恐れがある場合
    (4)本サービスの提供にあたり支障があると当社が合理的に判断した場合
  2. 当社は、前項の審査の結果、申込みを承諾しない場合には、その旨を所定の方法により通知するものとする。
  3. 当社は、利用契約成立後、アカウントID及びパスワード(以下「ID等」という)を発行し、所定の方法により通知するものとする。
  4. 利用者は、アカウント毎の管理責任者を設定し、その氏名及び連絡先等を当社の指定する方法にて当社に通知するものとし、利用者は、管理責任者にID及びパスワードの管理を行わせるものとする。

第4条(利用目的)

利用者は、自己の商品開発及びマーケティング戦略を構築する等の利用者自身の社内活用を目的として本サービスを利用するものとする。

第5条(利用料及び支払い方法)

利用者は、サービス資料又は別途提示する見積書に基づき定められた本サービス利用の利用料金(以下「利用料」という)を、当社に対して支払うものとする(支払に必要な振込手数料その他の費用は、利用者の負担とする。)。

  1. 利用者は、前項に定める利用料を、所定の申込書において当社が指定する期日及び方法で当社に対し支払うものとする。

第6条(遅延利息)

利用者が、利用料を所定の支払期日が過ぎてもなお履行しない場合には、利用者は、所定の支払期日の翌日から支払日の前日までの日数に、年14.6%の利率で計算した金額を延滞利息として、利用料と一括して当社が指定する期日までに当社の指定する方法により支払うものとする(支払に必要な振込手数料その他の費用は、利用者の負担とする。)。

第7条(規約及びサービス資料の改定)

当社は、利用者の事前の承諾を得ることなく本規約及びサービス資料を改定する場合があるものとし、本規約及びサービス資料の改定にあたっては、当社はその内容を当社ホームページへの掲載又はその他当社が適当と認める方法により通知するものとする。

  1. 改定後の本規約及びサービス資料は、前項の掲載又は通知した時点で変更後の規約及びサービス資料が適用されるものとし、当社と利用者との間のすべての関係に適用されるものとする。

第8条(権利義務の譲渡等の禁止)

利用者及び当社は、相手方の事前の書面による承諾なしに、利用契約上のいかなる権利又は義務も譲渡し、移転し、又は担保に供することはできない。

第9条(禁止事項)

利用者は、本サービス利用にあたって次の各号に該当する事項(以下「禁止事項」という。)を行わないものとし、当社は、利用者が禁止事項を行ったことを発見した場合には、利用者に通知することなく当該利用者への本サービスの提供を停止することができるものとする。
(1)本サービスの全部若しくはその一部を当社の許可無く第三者に販売又は提供する行為
(2)ID及びパスワードを不正に利用する行為
(3)当社又は第三者に損害を与える又はその恐れのある行為
(4)当社又は第三者に、正当に著作権、商標権等の知的財産権が帰属する著作物等の無断複製若しくは使用等する行為又はその恐れのある行為
(5)本サービスの内容や本サービスにより利用しうる情報を改ざん又は消去する行為
(6)ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信又は掲載する行為
(7)日本国法に抵触、違反又はその恐れのある行為
(8)本規約及びサービス資料の定めに違反する又はその恐れのある行為
(9)本サービスの利用により得た情報を、広告宣伝、販売促進へ利用する、又は第三者へ提供する等、第4条の利用目的を逸脱する行為
(10)その他当社が不適切と判断する行為

第10条(サービスの提供方法及び環境)

本サービスの提供を受けるための設備環境は、利用者自身の費用と責任で用意するものとする。

第11条(ID及びパスワードの管理)

利用者は、当社が付与したID及びパスワードを、自己の管理のもとに厳重に管理するものとし、これらの不正使用により当社又は第三者に損害を与えることのないように万全の配慮を講じるものとする。

  1. 利用者は、ID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買及び質入等一切行ってはならない。
  2. 利用者によるID及びパスワードの管理不十分、使用上の過誤又は第三者の使用等による損害の責任は利用者が負うものとし、当社は一切責任を負わないものとする。
  3. ID及びパスワードが盗用され、第三者の使用等により本サービスが停止又は本サービスで提供するシステムが毀損した場合には、利用者は、当社に対し賠償責任を負うものとする。
  4. 利用者は、ID及びパスワードの盗難又は漏洩があった場合、ID及びパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合又はID及びパスワードを失念した場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社からの指示に従うものとする

第12条(管理画面の利用)

当社は、利用者にID及びパスワードを付与することにより管理画面へのアクセス権限を付与するものとする。

  1. 管理画面へのアクセス権限は、当社が管理するサーバー上において、利用者がデータ及び情報の閲覧することを認める非独占的な権限とする。
  2. 利用者は、管理画面のソフトウェアが一般的なウェブブラウザ等のツールを使って利用するものであり、当社が利用のためのソフトウェア等を提供するものではないことをあらかじめ確認するものとする。
  3. 当社が必要と判断した場合には、利用者に告知することなく、いつでも管理画面の内容を変更することができるものとする。

第13条(本サービスの停止)

当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合には、本サービスの提供を停止することができるものとする。
(1)サービス契約上の債務の支払いを怠った場合
(2)利用申し込みに当たって虚偽の事実を記載したことが明らかになった場合
(3)利用者が第4条の利用目的の範囲を超えて本サービスを利用し、第三者への開示を行う恐れがある場合
(4)利用者が禁止事項を行った、又は抵触した場合
(5)本規約及びサービス資料の定めに違反する又はその恐れのある行為
(6)その他当社が利用者として不適切と判断した場合

第14条(本サービスの中断)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスの提供を中断することができるものとする。
(1)当社が提供するシステムの保守上、又は工事上やむを得ない事由があるとき。
(2)当社が提供する設備の故障等やむを得ない事由があるとき。
(3)第1種電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより、本サービスの提供を行うことが困難になったとき。
(4)天災地変、戦争、テロ活動等の破壊活動その他の非常事態により本サービスが提供困難なとき。
(5)災害、停電その他当社がコントロールできない事由、その他当社の事情によらない事由により本サービスの提供が困難なとき。

  1. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を中断しようとしたときは、あらかじめその旨を当社の定める方法で通知するものとする。ただし、緊急を要する場合はこの限りでない。

第15条(本サービスの中止)

当社は、当社の都合により本サービスの提供を中止することができるものとする。

  1. 当社は、本サービスを中止する場合には、利用者に対しあらかじめ書面により、その旨を通知するものとする。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

第16条(本サービスの変更)

当社は、いつでも本サービス内容を変更することができるものとし、その内容の利用者への通知は、当社の定める方法で行うものとする。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

第17条(知的財産権)

本サービスに係る著作権及び商標権等の知的財産権はすべて当社に帰属しているか、又はこれらの正当な権利者に帰属する。

  1. 本サービスの提供は、利用者に対してこれらの権利を明示的にも黙示的にもライセンスしたことを意味せず、本サービス利用期間中及び期間満了後を通じ、利用者が本サービスの全体又は一部を複写、複製、翻訳、転載若しくは転送すること、又は本サービスを模倣してデータをデータベースシステム等に蓄積すること等は、その形態を問わず行ってはならない。ただし、事前に書面にて当社の許可を得、かつ当該権利が当社にあることを明記する場合には、この限りでない。

第18条(個人情報の非開示)

本サービスの利用において@cosmeメンバーの個人の特定はできないものとし、利用者が、個人情報を当社に要求したり、個人情報の推測について当社に意見を求めたりした場合でも、当社は一切の回答義務を負わない。

第19条(届出義務)

利用者は、住所・名称・代表者等の申し込み内容に変更があった場合には、速やかに当社に届け出るものとする。

  1. 利用者が、当社に前項の届出を怠ったために、当社の通知又は納付された書類が延着し、又は送付されなかった場合には、通常到達すべき時に到達したものとする。
  2. 利用者が、アカウント数又は利用するサービス内容を変更する場合には、利用者は定められた方法により速やかに当社に届け出るものとする。

第20条(利用契約解除)

利用者及び当社は、相手方が次の各号のいずれかに該当する場合には、相手方に対して何らの通知及び催告なしに、直ちに利用契約の全部又は一部につき履行を停止し、又は契約を解除することができる。
(1)利用者が、本サービス申込みの書類等に虚偽の事実を記入又は入力したことが判明したとき。
(2)利用者が、第9条(禁止事項)に該当する行為をしたとき。
(3)相手方が、本規約に基づく債務を履行せず、30日の期間を定めて催告したにもかかわらず当該期間内に債務の履行をしないとき。
(2)差押、仮差押、仮処分、公売処分、租税滞納処分、その他公権力の処分を受け、又は民事再生手続開始、会社更生手続開始、破産手続開始若しくはその他の法的倒産処理手続開始の申立がなされたとき。
(3)自ら振り出し若しくは引き受けた手形又は小切手が不渡りとなる等支払停止状態に至ったとき。
(4)競売を申し立てられ、又は仮登記担保契約に関する法律第2条に基づく通知を受けたとき。
(5)監督官庁から営業停止又は営業許可若しくは営業登録の取消し等の処分を受けたとき。
(6)資本の減少、営業の廃止、休止若しくは変更又は合併によらない解散の決議をしたとき。
(7)前各号のほか債権保全を必要とする相当の事由が生じたとき。
(8)公序良俗その他社会一般の法規に抵触する事態にある、又はそのおそれがあると判断されるとき。

  1. 利用者又は当社が、前項の各号のいずれかに該当する場合には、該当者の相手方に対するすべての債務は、当然に期限の利益を失い、該当者は直ちに債務全額を相手方に支払わなければならない。
  2. 前々項の場合において、相手方に損害が生じた場合には、これを賠償しなければならない。

第21条(損害賠償)

当社は、本規約の全部又は一部に違反し利用者に損害を与えた場合には、当該損害(利用者に直接生じた損害に限り、逸失利益、間接損害、特別損害は含まない。)について、当社が合理的に判断できるものに限り、利用料の1ヵ月分相当額を上限として、賠償する責を負う。ただし、当社の故意又は重過失による場合は、この限りでない。

第22条(反社会的勢力の排除)

甲及び乙は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」という。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
(1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(3)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(4)暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(5)役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

  1. 甲及び乙は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれにも該当する行為を行わないことを確約する。
    (1)暴力的な要求行為
    (2)法的な責任を超えた不当な要求行為
    (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    (4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
    (5)その他前各号に準ずる行為
  2. 甲又は乙が、暴力団員等若しくは第1項各号のいずれかに該当し、若しくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、又は第1項の規定にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、相手方に対して何らの催告をすることなく本契約を解除することができる。
  3. 甲及び乙は、前項により本契約を解除した場合には、前条にかかわらず、相手方に損害が生じたとしてもこれを一切賠償する責任はないことを確認し、これを了承する。

第23条(免責事項)

当社は、次に掲げるいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断できるものとする。この場合において、当社は、利用料の支払義務の免除や返金は行わないものとし、中断により利用者が被った損害について一切責任を負わないものとする。
(1)サービス用設備等の保守を定期的に又は緊急に行う場合
(2)天災地変及び火事、停電等事故の発生によりサービスの提供ができなくなった場合
(3)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができなくなった場合
(4)その他、運用上又は技術上当社がサービスの一時的な中断が必要と判断した場合

  1. 当社は、運営上の必要に応じ、事前通知をした上で、本サービスの全部又は一部の提供を中止することができるものとする。
  2. 利用者による本サービスの利用に関し、第三者から、権利の主張、異議、苦情、損害賠償請求等、何らかの請求が行われた場合には、利用者は、自己の責任と費用でこれを解決するものとし、当社は、一切の責任を負わない。
  3. 当社は、本サービス(本サービスによって結果的に利用者が得る情報を含みます)の正確性、完全性、有用性、最新性、特定目的への適合性、第三者の権利の不侵害その他いかなる事項についても、これらを保証するものではなく、利用者は、自らの責任と判断において、本サービスを利用するものとする。

第24条(契約期間)

本サービスの利用期間は、当社が申し込みを承諾した月の翌月1日より原則1年間とする。但し申込書で別途契約期間を定めた場合はこの限りでない。

  1. 契約の終了日の30日前までに当事者の一方から事前に書面による契約終了の申し出がない限り、本契約はさらに自動的に1ヶ月延長されるものとし、以降も同様とする。

第25条(管轄裁判所)

本規約に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を、第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

株式会社アイスタイル
2011年10月3日制定